鶴川ハウス(東京都町田市)は、建物・住宅リフォーム、住宅防音工事、エクステリア、外構等を承る総合建設業の会社です。

 

代表プロフィール

代表プロフィール

鶴川ハウス代表 蔵部 繁登(一級建築士)鶴川ハウス有限会社の代表、蔵部 繁登(くらべ しげと)と申します。

昭和23年新潟生まれ。
工業高校を卒業したのち建設会社に入社し、そこから現場監督人生がスタート。
31歳で一級建築士の資格を取得。
その後いくつかの建設会社で働いた後、54歳で独立。
サラリーマン時代に手がけた物件は大小合わせて数千件、独立してからも数百件のリフォームや改修工事に関わる。
建築の世界に携わって43年、この道一筋でやっております。

【資格】 一級建築士、一級建築施工管理技師

 

あなたにとっての「楽しい我が家」を実現します

あなたにとっての「楽しい我が家」を実現します私は家の良し悪しは、新しい古いではなく、使い勝手が良いか悪いかで決まると思っています。「なにはなくとも楽しい我が家」、そう言えるのがいい家だと思っています。

使い勝手が良く、居心地が良ければ、家事動線もスムーズになり、心と時間にゆとりができます。そうすれば家族のコミュニケーションも円滑になり、趣味や仕事に打ち込む気力も湧いてきます。
これが私の言っている「なにはなくとも楽しい我が家」の姿です。

当社は、大手メーカーのような派手な宣伝広告は一切行っておりませんが、お客様の立場に立った丁寧でスピーディな仕事を心掛けています。
もしなにかお困りのこと、お悩みのことがありましたら、どんな小さなことでも構いませんのでいつでもお気軽にお声をかけてください。
あなたにとっての「なにはなくとも楽しい我が家」を実現いたします。

リフォームにはよい現場監督が必要です

リフォームにはよい現場監督が必要ですところで、いいリフォームをするために大事なことはなんだと思いますか?
いろいろあると思いますが、なんといっても一番のポイントは、
きちんとした施工管理者(現場監督)がいるか
どうかです。

リフォームは建物の構造部分にまで手を入れることも多いため、専門の知識や技能は不可欠です。当社では、永年付き合いのある経験豊富なベテランの職人や下請けさんを使って施工を行い、

  • スピード
  • しっかりとしたチェック体制
  • 迅速な対応

という3つのこだわりを持って、常にお客さまの立場に立って物事を進めておりますので安心です。

リフォームが終わってからが本当のお付き合い

リフォームが終わってからが本当のお付き合い鶴川ハウスのモットーは、「リフォームが終わってからが本当のお付き合い」。
リフォームしたらそれで終わりということはなく、その後もこまめにアフターフォローをいたします。
ですから、一度ご依頼いただいたお客様とは長期に渡ってお付き合いをさせていただいています。もしリフォームをお考えでしたら、見積りは無料ですので是非お気軽にお問い合わせください。
満足のいくリフォームをご提供いたします。

 
 

このページのトップへ